DV夫の殴ったり蹴ったりの発散実態を見る

最近良く見受けられるのがDVです。

ニュースでも親が幼い子供に暴力を振るって死亡させたという報道は非常に多くなっているでしょう。

ですがDVは何故怒るのでしょうか?その真相を少し探ってみたいと思います。
この世はストレス社会となっているのです。

会社で様々なストレスを溜めこんで自宅に帰ってきますので、そこで夜泣きが激しかったり中々思うような行動をしなかったりすると暴力に走ってしまいます。

何もDVをするのは夫だけではありません。


妻も毎日の家事や育児に追われていてストレスが溜まっていき発散する場所がありませんので子供を使って発散をしているのです。

殴ったり蹴ったりとまるでサンドバック状態です。

ひどい時にはお風呂の設定温度を熱くして火傷を負わせたり足の骨を無理やり折ったりするんですよ。

そこに自分の意思などはありません。

相手のなすがままになってしまいます。
ここまで紹介したのは攻撃型でした。

次は放置型に移りたいと思います。
放置型の特徴は何日も帰らずに遊びに行ったり親の言う事を聞かないというだけで寒い中で凍傷になるまでなん時間も放ったら歌詞にしたりするのです。
これがDVの実態かもしれませんね。

残念ながら今の所、対処法は何もありません。